腎臓病やあらゆる病気のサポート施設│グッド・ヘルス・マネジメント

医者

期待される相乗効果

元々ある免疫機構を利用

医者

免疫治療とは人体にもともと備わっている免疫機構を強化して、疾病の治療に役立てることを目的とした治療技術のことです。現在では特にがん治療への適用が盛んに行われています。 ヒトの身体にあっては、細菌やウイルスをはじめとするさまざまな有害物質が絶えず侵入したり、内部生成されたりしています。がん細胞もその1つです。 こうした物質による健康被害を防ぐため、人体には血液中に免疫細胞と呼ばれる細胞組織が存在し、有害物質を見つけては攻撃したり捕食したりして無効化を図っています。この機能に着目したのが免疫治療です。 免疫治療では、この免疫細胞を活性化することによってがんの進行を食い止めることを目指します。もともと身体に備わっている機能を利用するだけなので肉体的な負担が軽く、副作用のリスクも少ないことで人気を集めています。

他のがん治療との併用も可

たとえ健康な人であっても、体内では毎日千個単位で異常な細胞が発生していると言われています。それががん化しないのは、樹状細胞・ナチュラルキラー細胞・T細胞といった免疫細胞が常に活動を続けているからです。しかしその発生数が免疫細胞の活動能力を超えてしまうと、がんとしての発症・進行を防ぐことができなくなってしまいます。 免疫治療では、患者の身体から採取した免疫細胞を特殊な環境のもとで培養して活性化させ、点滴によって再び体内に戻します。これによってがん細胞への攻撃能力が強化され、増殖を防ぐ効果が期待されます。 免疫治療については医学的検証がまだ十分ではなく、その働きについては未知数の部分も残されています。しかし抗がん剤の投与や放射線治療といった従来のがん治療を阻害するものではなく、むしろ併用による相乗効果が期待できるため、今後は普及が進むものと予測されています。